スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
073. Dec_16 part 2
2017年01月19日
 12月17日。みてぃふぉさんの展示を見に行ってきた。あくまで僕の認識としてだが、みてぃふぉさんは女の子やライブの写真を撮っていらっしゃる方で、これも僕の個人的な感想だが、その写真には紗のかかったような儚い感じ――しかしそれは冷たいものではない――があって、常々いいな~と思っていた。音楽活動もされており、是非会ってお話をしてみたいとも思っていたのだった。これまで何回か写真の展示をされていたのだがなかなか行けず、行ける機会をうかがっていたのだ。今回はみてぃふぉさんが以前住んでいた家で行われていた。その元自宅がある最寄り駅に初めて降りた僕は、向かう途中通った商店街を買い物客や飲み客が薄暮の中、店の灯りにじわりと照らされた道を行く光景を、見知らぬ土地でも営まれる人の生活の尊さに感傷的な心持ちになりながら眺め歩いていた。
 辺りは既に日が落ち暗くなっていた。教えられた住所付近に着くと、そこは住宅街で街灯もまばらだった。それらしきアパートがあったのだが確証が持てずうろうろしていると女の子が近付いてきて「展示を見に来たんですか?」と聞いてきた。「はい」と答え、「多分ここですよね…?」と続け真っ暗な部屋のチャイムを押してみるが何の応答もない。所在なげに立っていると、別の女の子が隣のアパートの部屋の前に立っているのを視界の隅にとらえた。閑静な住宅街にその時間帯としては不自然な数と、ある文化圏を認識させる服装の若者が集まってきていることに改めて気付き、不思議な気分になった。その別の女の子が小柄な女性に出迎えられるのを見て、自分が間違った部屋のチャイムを押したことに気付き、そちらへ向かった。
 部屋には既に5、6人の人が来ていた。壁は女の子を写した写真が飾られ、床にはプリントされた青い写真が無造作に敷かれている――ちょうど僕が行った時には部屋の奥に寄っていて、まるで海と砂浜のようであった。写真を眺めていると、不意にマフラーのフリンジにカーラーが巻き付いていることに気付いた。慌てて外したのだが、どうやらずっとこの状態で電車にも乗り街を歩いてきたらしい。こういうことを他人に気付かれて笑い話のタネにでもなれば天然ということになるのだろうが、僕は自分で気付いてそれをなかったことのように振る舞うのでただの間抜けである。初対面だったのでみてぃふぉさんに挨拶をすると、なんとアインシュタインズのCDを買ってくれていたので驚いた。
 展示も素敵だったのだが、何よりもその空間自体が心地の良いものだった――あまり傍目からは楽しそうに見えなかったかもしれないが、内心はとても楽しかった。それはなにより主であるみてぃふぉさんの人柄が大きかったと思う。写真家やバンドマンやあるいはそのファンなど、色々な人たちが集まってサロンのようだった。こういういつでも好きな時に気軽に来れて、自分の作品や相手の作品を見せたり批評したり、世間話が出来る場があれば良いのにと思った。

 12月25日。待ちに待った欅坂46初ワンマン最終公演を見に行ってきた。この日に向けて病気にならぬよう細心の注意を払って生活してきたのだが、無事に万全のコンディションで臨むことが出来た。最近の僕のツイッターは――もともと少ないツイート数にも関わらず――欅坂についてのつぶやきが圧倒的に多く、音楽のことやアインシュタインズの曲・制作についてのつぶやきを少しでも期待されていた方には本当に申し訳なく思っている次第だが、ついにブログまで欅坂になってしまった。
 一緒に行った友人とは使う路線が同じなので電車内で待ち合わせをし、国際展示場駅へ向かった。欅坂のパーカを着た人が僕たちの前にいつのまにか座っているのに気付くと、いやがおうにも気分は高まった。駅に着くと、会場である有明コロシアムへ向けた人の波ができていた。それについていくと、辺りは欅坂ファンで溢れていた。無事に入場を済ませ席の確認をすると、ステージの真横ではあるが、なかなか近く見える席だったのでとりあえず一安心だった。
 欅坂の楽曲のインストが流れている会場内に、メンバーの影ナレで注意事項がアナウンスされると観客は一気に盛り上がった。「僕たちの戦争」のインストが次第にボリュームを上げていくと、いよいよ開始なんだと、緊張とわくわくが一気に比例するように高まっていった。
 2時間半ほどのライブだったが、欅坂・けやき坂の持ち曲を全てフルサイズで披露した。とにかく生で見れて、この空間にいることができて良かったと思った。1曲目「大人は信じてくれない」からダンスの激しい曲でライブは始まり、ソロやユニット曲、ダンスパート、聴きたかった曲もしっかり聴けて大満足であった。またステージがアリーナ席をぐるりと囲む配置となっており、より近い距離でメンバーを見れた(ような気がした)。シングルA面曲を最後の3曲にもってくるセットには思わず唸ったし、待っていました!と言わんばかりに観客の歓声が大きくなったのも鮮烈な印象を与えた。特に「世界には愛しかない」の2番Aメロには思わず目頭が熱くなった……。アンコールで、菅井友香というメンバーがMCをしながら泣いてしまったのには、思わずもらい泣きをしてしまった。初ワンマンライブの最終公演を生で見れた喜びを友人と噛みしめながら、中華料理店で夜更けまで話しこんだのだった――


(アルベルト志村)
スポンサーサイト
072. and FRANNY - 共犯 (feat. しめじ)
2017年01月15日
先月発表いたしました、and FRANNY名義での4曲目「共犯」をSoundCloudにもアップいたしました。
既発のものとは少しミックスを変えています。




(アルベルト志村)
071. 謹賀新年
2017年01月02日
あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もアインシュタインズをどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとりまして素敵な1年となることをお祈りいたします。

さて、マイペースに活動して参りました我々アインシュタインズですが、近々いいお知らせできそうです。
追って報告させて頂きます。お楽しみに。


(アインシュタインズ)

2017

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。